直線上に配置
最終号のご挨拶
長い間有難う御座いました。余りにもトラブルが多いので、インターネットを閉じる事にしました。
この号を以て最終号とします。
人工頭脳の発達も結構ですがやり過ぎで、人間は自らを退化させ自壊作用を齎さんとしています。
             ご啓示
 
人生の吉凶はすべからく  己の為せる業にして
 やる気を起し持続する限り 吉運常に座右に在りて
 為す事叶わぬ事なし。
保存版・・・やる気の説法
保存版・・・やる気の年表
保存版・・・阿呆庵回顧録

昭和52年(1977)
   9月7日開眼法要

建立発起・やる気のおじさん

困った時はやる気の地蔵

直線上に配置

     目標やる気地蔵入り口バス
R53号線・用瀬の橋より、R482(17キロ)
R179号線・上斎原(人形峠)⇒石越からR482 →恩原ダム→ 辰巳峠→佐治川ダム→トンネルを潜り左折13キロ

〒689−1324 鳥取市佐治町尾際827  弥留気地蔵奥の院
電話 0858−88−0734
http://www.inabapyonpyon.net/~yaruki
  

 鳥取・佐治谷は、中国山地の山陰側に位置する、俗に佐治谷七里と呼ばれていた山間僻地で、その村の奥部に、佐治谷青少年旅行村キャンプ場が誘致され、キャンプ場の一隅にやる気の美術館がオープン自分一人で美術館建てたやる気のおじさんが、建立を発起して昭和52年(1977)9月7日にやる気地蔵本尊この世に初めて誕生し、各地にやる気地蔵さんの分身も誕生、パクリ地蔵さんも続々登場・・・
 それ以来、浮き出し技法による、やる気地蔵縁起の
絵馬作りを手始めに、やる気の手作り、やる気地蔵さんのお祭り、やる気のキャンプ、やる気マラソン等々が展開され、天皇さんも皇太子殿下の頃に、この秘境の地に足を運ばれ、絵馬の制作を堪能されるなど、脚光を浴びた時代がありました。
 誕生から三十九年、この間に、「これは奇跡としか思えない」とお医者様の診断、倒産から
奇跡の再建を果たした社長さん、全国にチエーン店を展開するやる気の理事長さん、受験・就職、病気、何んでも来い!と多くの人に、様々なご利益を授けられて、北海道から沖縄まで、やる気のフアンが沢山お居でになります
 平成16年(2004)11月に佐治村は鳥取市に合併され町になりましたが、、それに伴い、
やる気の根拠地であった佐治谷青少年旅行村は閉鎖され、平成18年3月には廃村解体され、村のやる気は痕跡を残さず消滅し、朝が夜になれば良い、眠ったような暮らしに戻り、少子高齢過疎化、それに伴い外来種が繁茂の気配ですが、弥留気地蔵さんは健在、やる気のフアンも健在、親から子へ、更に孫へと、やる気起しは世代交代を果たしています。
「困った時だけやる気の地蔵」それで結構です、必要になったら思い出して下さい。
 
 
やる気起こす・弥留気地蔵本尊由来
直線上に配置
 やる気を起こす 弥留気地蔵縁起紹介
トップ アイコンページトップヘもどる

保存版
やる気のおじさん
奮戦記

アイコン

高野山真言宗沙門・やる気のお爺さん

アイコン

喝!

 平成29年・2017年
 8月号 通巻210号
     編集刊行
  やる気のおじさん

ご案内
←のぼり旗に注意
川沿いの道に入る⇒
やる気は万能のご利益
  やる気地蔵本尊
やる気発祥の地
  奥の院
(注)お釈迦様亡き後、弥勒菩薩が人間界に現れる迄の、無仏の修羅場の時代に於ける衆生救済を託されたのが、お地蔵様でず。そこで、弥勒菩薩の弥を頂き弥留気と当て字しました
 地蔵真言  オン  カ カ カ
         ビ サン マ エイ ソワ カ
地蔵縁起:おみくじ・お守り・絵馬
       ミニ地蔵・やる気のステッカー
やる気・発祥の地
やる気のシンボル
水野常設展示館
アイコン

やらせる気よりも、先ず自分のやる気だ!
やる気だ! やる気だ! 弥留気の地蔵だ!
大声で唱えたら、やる気は起きますよ!